日本のソールフードである寿司は国の食文化により好まれるネタは違いますが、今や世界中で人気です。日本でも旬な魚を中心としたネタが人気です。

グルメなおすすめ情報ブログ
Topics

世界で人気な日本の寿司

世界で人気な日本の寿司お寿司屋さんは全国どこに行ってもあります。
お手軽に入れ、料金のこともあまり考えずに注文できる回転寿司屋はとても人気が高いです。
料金に関係なく、本当に良いものを食べたいという方はカウンターで握ってくれるお寿司屋さんを好まれる方もいらっしゃいます。
お寿司は今や日本だけに留まる事なく、世界中でブームになっているようです。
特にアメリカやヨーロッパでは日本のお寿司屋さんは行列ができるまでに繁盛しているようです。
しかし、やはりお国柄によってお寿司の好みは多少違ってきます。
アメリカの方が好んで食べるお寿司はまぐろ、ツナ、サーモン等が多いそうです。
あとはカルフォルニアロールといってアボガドを巻いたお寿司も多く注文する方が多いみたいです。
逆に苦手とされるのがあなごだそうです。
そして、青魚系のネタもあまり注文されない傾向にあるそうです。
日本人は刺身をよく食べるように、魚を生で食べる事になんの抵抗も感じませんが、外国の方達はやはり火を通して食べる事が当たり前の食文化だったために、抵抗が少ない魚と大変抵抗がある魚に分かれるのだと推測されます。
アメリカで人気のツナやサーモン等はサンドイッチやサラダに使われており、馴染み深いものなので人気が高いとされています。
そして、アメリカに限らず東南アジアでも日本のお寿司屋さんはとても人気です。
しかし、日本のお寿司とは少し違ったその土地に合った味付けやアレンジがなされているようです。
日本人が実際に食べるとなにか違うと感じるかもしれませんが、日本の代表とも言えるお寿司がアレンジされ、その国や土地に浸透していくことはとても誇らしい限りです。
さて、日本人の好むお寿司のネタとしては、やはりマグロや旬の食材がメインだとされています。
旬の食材といっても月により、異なってきます。
例えば、1月はぶりやはまち、甘エビやズワイガニ等です。
カニ好きの方には最高のネタになります。
2月の旬はマグロとかれいです。
まぐろでも黒マグロには体に良いとれてる成分が豊富です、魚に限らずに旬の食べ物を食す事でより健康な体になれると言われています。
それはやはりその時期その時期に通常以上に豊富な栄養を蓄えた食材が取れるからだと思います。
さらに人気の高いうには7月がもっとも豊富に取れるそうです。
今では季節を問わずにメニューとしてでていますが、やはりその時期に食べる事で一層美味しさを味わう事ができるのではないかと思います。

おすすめ情報